売上の記録方法 ~アフィリエイター、サロン、セミナ~>

| コメント(0) | トラックバック(0)

川´・_・`リ 「あのー、先生」←アシスタントのサキ 

税理士の福島「はい、なんでしょう?」 

サキ「バタバタしているうちに、エイプリルフールがおわっちゃいましたね。」 

福島「たしかに。ネタはお蔵入りですね。」 

サキ「そして、気づけば私は3年目に突入ですね」 

福島「今年度もよろしくお願いしますよー」 

サキ「はい!! では今日は初心に帰って、基本的な質問です」

 

アフィリエイターの場合、収入証明のようなものは アフィリエイトのASPの管理画面を印刷したらいいんですか?


福島「これは、このとおりでOKです」 

サキ「アフィリエイターの場合は、ASPからのお知らせが一番わかり易いですね」 

福島「他の業種の場合も、客観的に売上が分かるものをとっておいてください」 

サキ「具体的には、【請求書】【先方からの支払通知書】【レジの記録】【複写の領収書】などですね」 

福島「そういうことです」 

サキ「じゃあ先生、サロンとか、領収書を出さないことが多いケースはどうしたらいいですか?」 

福島「対策は2つです」 

1)一律全員に領収書を発行する(いらないと言われたら、処分するが、複写の記録は残る) 
2)予約表に金額を記入して、過去の予約表を売り上げ記録とする 

サキ「分かりました!」


福島「さらに、セミナーの場合もお話ししましょう」

サキ「さすが、保存版。太っ腹!」

福島「なんか、私が太ってるみたいですね」

川´・_・`リ 「......続けましょう」


福島「セミナーの場合は、振込なら、通帳に記録が残るから問題無いですね」

サキ「となると、問題は、現金で貰う場合ですね」

福島「オーソドックスにいけば、出席者リストを残しておく方法です」

サキ「そうか。人数と金額がわかればいいんですね」

福島「あとは、wordやexcelで参加者の領収書を作っておいて、そのファイルを証拠書類にするとか」

サキ「普段から、参加者全員の領収書をあらかじめ作ってる人は、便利ですね」



※確定申告入門ブログクラシック 2012年4月3日 初出を、加筆修正






トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kak-shin.jp/MT/mt-tb.cgi/3

コメントする

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.37