間違えて支払いをした場合も、会計ソフトで記入するのですか?

| コメント(0) | トラックバック(0)
◆間違えて支払いをした場合も、会計ソフトで記入するのですか?


※確定申告入門ブログ 2012年5月23日公開分を加筆修正しました。 
   普段はご時世を反映するネタは改編するのですが、
  面倒だから 面白いからそのまま残してみました(笑)


アシスタントのサキ  「あのー、先生」

税理士の福島「はい、なんでしょう?」

サキ「今日は新ネタを載せるとかなんとか...」

福島「その辺りの事情は最後に回すとして、本編に行きましょう」

川´・_・`リ。○「いやな予感...」


あるモノの購入を申し込んで、料金を振り込みました。

その後、なんらかの理由で取り引きがキャンセルになった場合、1度引き落としとなった同額が返金という形で戻ってきます。

その場合、返金の項目の会計ソフトへの記載方法は何になりますか?

それとも、キャンセルになった取り引き自体を記載しなくてよいでしょうか?(出ていった金額がそのまま戻ってるため)

ご指導お願いします。



福島「青色申告を前提としますが、お金(預金)が動いたら、すべて何らかの形で入力してください」

サキ「売上とか経費に関係なくても、ですか?」

福島「そうです。お金の動きをすべて記入するというのが原則です」

サキ「どうしてですか?」

福島「通帳の残高が合わなくなるからです」

サキ「分かったような、分からないような...」

福島「具体例をみましょう」

5月20日の残高 100,000円
5月21日 取引先に振込 10,000円(残高90,000円)
5月28日 電気代引落 5,000円(残高85,000円)

6月5日 上記取引がキャンセルで10,000円入金(残高95,000円)



福島「この場合、5/21と6/5はお金が行って帰ってくるだけですね」

サキ「はい」

福島「なので、6/5までいくと、2つの取引は無視できます」

サキ「そうですね」

福島「ところが、これらの取引を無視すると、5月末の残高が合わないのです」


サキ「あわないと、ダメですか?」


福島「ダメです!!!通帳と預金出納帳の残高は、必ず合わせないといけません」


サキ「どうしたんですか?急に大きな声で」

福島「ここは、すごく重要です。預金出納帳というのは、預金の残高を示す重要な帳簿です。これがあっていないと、帳簿全体のクオリティに響きます」

サキ「どういうことですか?」

福島「あまりバレることはないでしょうけど、バレたら、帳簿、ひいては申告書全体の信用が落ちます」


サキ「......そんなに重要なんですか?」

福島「実際に合ってるか確認されるケースは稀ですが、残高が合っているかどうかは、申告の信用問題くらいに考えて欲しいです」


サキ「今回のようなケースでは、5/21の振込は、何の科目を使うんですか?」

福島「仮払金がシンプルでいいですね。戻ってきた時も仮払金を使えば、仮払金の科目は差し引きゼロですから」

サキ「分かりました!」


川´・_・`リ 「ところで先生。あまり聞きたくないですが...」

福島「はい、なんでしょう?」

サキ「今回、新ネタを書いた理由って...」

福島「忘れてた!」

サキ「忘れてたなら言わなきゃよかった!」

福島「この方がアメブロを開設した記念です!」


ついでに、本日写真集発売です!
真野恵里菜 写真集 『 MANO DATE 』
¥2,940
Amazon.co.jp







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kak-shin.jp/MT/mt-tb.cgi/18

コメントする

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.37