開業日前の仕入れは何費ですか?

| コメント(0) | トラックバック(0)
※確定申告入門ブログ クラシック 2011.2.1 初出分を、加筆修正しました。

川´・_・`リ 「あのー、先生」←アシスタントのサキ

税理士の福島「はい、なんでしょう?」

サキ「ドリームモーニング娘。ってどう思いますか?」

福島「うーん。コンサートに行こうかどうか、迷うねー」

サキ「え?そこから話が始まるんですか?」

福島「そりゃあ、モーニング娘。の全盛期は私の青春時代ですから。」

サキ「先生、今でも青春時代だって時々言ってますけど、どんだけ長いんですか。」

福島「死ぬまで青春します!」

川´・_・`リ 「...質問に行きます」

毎日拝見して勉強させて頂いてます。

ところで一つお聞きしたいのですが、私は海外からの仕入れの際クレジットカードで支払っています。

今年の元旦付けで開業届をだしており、去年仕入れて今年売れたものがあります。

この場合は、仕入れの際のpay-palの明細書は開業費と事業主借として処理するのでしょうか。


福島「開業日前の仕入は、開業日の日付に、仕入/事業主借という仕訳をいれましょう

サキ「開業費にはならないんですか?」

福島「ならないです。開業費というのは、開業準備のために特別に支出した物なのです」

サキ「仕入は開業準備ではないんですか?」

福島「広い意味では開業準備です。でも、開業のために臨時的に出るものとは言えませんよね」

サキ「まあ、そうですね」

福島「しかも、事業が始まればそのモノが売れて売上が上がるわけですから、仕入という形で費用にいれないと、本来の利益がでないんです」

サキ「そう言われれば、そうですね」

福島「開業費は、利益調整ができる魔法の科目なので、ダイレクトに売上に係る仕入は、開業費に混ぜると問題なんです」

サキ「なるほど!だから仕入とするんですね」





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kak-shin.jp/MT/mt-tb.cgi/53

コメントする

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.37