残業食事代は経費になりますか?

| コメント(0) | トラックバック(0)

川´・_・`リつ□ 「先生、宅配便が届きました」←アシスタントのサキ

税理士の福島「はい、ありがとう」

~10分後~

福島「この本、面白いねー」

サキ「先生、また仕事に関係ない本を事務所に配達してもらったんですか?」

福島「サキちゃん、ひどいなー。今回はちゃんと仕事に関係あるんだから」

hituyoukeihi.jpg

サキ「あ、先生が税務の本を読んでる!」

福島「なんですか、その、子どもが珍しく勉強しているところを発見した親みたいなリアクション」

川´・_・`リつ 「じゃあ、その中から何か面白い質問を出してください」


福島「はい。以前もこのブログで取り上げた内容が載っているので、改めてお話しましょう」

サキ「『残業食事代って経費になるんですか?』って話ですね。」

福島「そうです。答えは2パターンありますよ


サキ「じゃあ、一つ目は?

福島「私がサキちゃんの残業食事代を払ったら、経費にできる可能性があります

サキ「やった!先生、今日は私、バリバリ残業します!」

福島「うーん。そう言われても、今日は残業するほど忙しくないですよ」

川´・_・`リ「そうですか。で、経費になる基準は何ですか?」

福島「目安はこんな感じです」

・少人数の組織
・残業で夜遅くまで仕事があった場合など
・「お疲れさん」って感じで一般的な金額を支払う
・そんなにしょっちゅうは払っていない

福島「厳密にはいろいろありますが、ここの読者さんなら、こんなイメージでほぼOKです」


サキ「じゃあ、もう一つのパターンは?

福島「事業主一人の個人事業者が、自分で残業食事をした場合は、経費になりません。」

サキ「あ、それって普通の食事と変わらないですね

福島「そういうことです」

サキ「じゃあ先生、次に残業するときは、食事楽しみにしてますね!」


※確定申告入門ブログ クラシック 2011.3.31 初出分を、加筆修正しました。








トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kak-shin.jp/MT/mt-tb.cgi/54

コメントする

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.37