魔法の科目 開業費 ~開業日より前に出た費用の取り扱い~

| コメント(0) | トラックバック(0)

※確定申告入門ブログ クラシック 2010.7.23初出、2011.6.16加筆分を、再度加筆修正しました。


川´・_・`リ 「あのー、先生」←アシスタントのサキ

税理士の福島「はい、何でしょう?」

サキ「「オタク」を彼女に告白するのってアリですか?」

福島「そうですねー(なるほど、サキちゃん今回はボケで来たか...)」

サキ「はい(先生、どういうリアクションでくるんだろう?)」


福島「そりゃあ告白すべきでしょう!隠し事をしたままつきあうのは大変ですよ」

福島「私の友人は、お見合い相手に勇気を持ってアイドルオタクであることを言いました。それでも彼女は受け入れてくれたから、今では結婚して二児のパパなんです!」

サキ「それ、実話ですか!?」

福島「本当の話ですよ。だいたいオタクというとイメージが悪いが、実際は一つのコトに集中して...(延々しゃべり出す)」


川´・_・`リ 「先生、ボケに対して本気で答えすぎです。本当の質問に行きますね」


今年の6月に開業しました。税務署に開業届を出したのが、6月1日付です。

開業以前に支払った経費というのは、認められるのでしょうか?


福島「なるほど。今回は魔法の科目・開業費のお話ですね。」

サキ「魔法の科目なんですか?」

福島「こんなに便利な科目は無いんですよ。開業費のポイントは次の3つです。

・事業を開始するまでの間に
・開業準備のために特別に支出する費用で、
・資産(10万円以上のもの)の取得費用は除く


サキ「じゃあ、今回の場合は、経費で認められるのですね」

福島「そう考えて良いでしょう。」

サキ「でも、魔法ってほどのインパクトはないですよ」

福島「サキちゃん、良いこと言ってくれるね-。実は開業費の凄さはここからなんです」

サキ「はい。」


福島「開業費は、いつの費用にしてもいいんです」

川´・_・`リ 「???」



福島「例えば、開業費が100万円あったとしましょう。これを無視すると今年は30万円の黒字です。このときサキちゃんならどうする?」

サキ「開業費を経費にしたら赤字になりますね」

福島「そうです。だから、開業費を経費にしないで、来年に持ち越す(繰り越す)ことができるんです」

サキ「来年に100万円を経費にすればいいのですか?」

福島「10万円でも30万円でもいいです。もちろん再来年に繰り越してもいいです」

サキ「何年繰り越せるのですか?」

福島「何年でも」


川`・д・リ 「先生!魔法みたいな科目が税金の世界にもあるんですね!!」

福島「だから最初に魔法の科目って言ったじゃないですか」

サキ「黒字が少しの年に少しずつ経費に出来るなんてすごいですね」

福島「利益がたくさん出ると、税金だけじゃなくて税率も上がるから、利益が大幅に増えたときに一気に費用にする作戦もありますね」

サキ「利益を自由に変えられる魔法の科目ですね!」

福島「そういうことです」






トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kak-shin.jp/MT/mt-tb.cgi/57

コメントする

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.37