ホーム » 青色申告・白色申告 » 白色申告で帳簿をつける方へ ~青色申告のメリット~

白色申告で帳簿をつける方へ ~青色申告のメリット~

◆白色申告で帳簿をつける方へ ~青色申告のメリット~

福島「みなさまこんにちは。税理士の福島です」

川´・_・`リ 「こんにちは。アシスタントのサキです」

福島「いいねー、この始まり方。なんだかラジオやってるみたい」

川´・_・`リ 「あのー、先生。」

福島「はい、なんでしょう?」

サキ「自己満足でブログ書かないで下さい!『自分が書きたいネタよりニーズがある記事を書こう』って言われてるんじゃないですか?」

福島「いいねー、サキちゃん。確定申告だけじゃなくてブログのことも勉強してるね」

サキ「でしょでしょ?」

川´・_・`リ 「あれ?なんか言いくるめられてる」


福島「まあまあ、それでは読者からの質問をお願いします」

サキ「はい。」

主人が2012年4月から自営業を始めました。

個人事業ですが、申告は青ではなく、白でしようと思っています。

白色申告の場合でも、主人の給料を帳簿に付けるときは『事業主貸』でいいのでしょうか??


福島「サキちゃん、これ答えられる?」

サキ「はい! これは『事業主貸』で大丈夫です!

福島「正解!では追加でコメントをどうぞ。」

川´・_・`リ「え?またムチャぶりですかぁ?」


福島「私がこの質問に対して一番いいたいことは、帳簿をつけるなら青色申告にしましょう、ということです。

サキ「え?そうなんですか?」


福島「すごく大雑把にいうなら、白色ってのは帳簿をつけるのが面倒な人が選ぶ方法だと考えています。今回の場合は2012年4月に事業をはじめたので、(2012年7月以降になってしまった今からは)2013年3月までの申告は、もう白色しか選べません。

サキ「そうですね」

福島「でも、帳簿をつけるのなら、2013年分については、青色の申請は出した方がいいですね。2013年分については、3月15日が締切りなので、今回の申告書と一緒に出せばOKです」

参考記事 : 規模が小さいときは白色申告?


福島「参考記事には書かなかったのですが、青色申告をやめるのは簡単なんです」

サキ「簡単というと?」

福島「例えば、2012年4月1日開業なら、青色の申請はいつまでに提出?」

サキ「2012年6月30日ですね」

福島「そのとおり。8月になってからではもうだめです」

サキ「そうですね」

福島「では、この場合で、青色の申請は出した(間に合った)けど、やっぱり白色にしよう、という場合にはいつまでに届けたらいいと思う?」

サキ「えーっと... わかりません」

福島「特別な届出はいらないんですよ

サキ「そうか、青色の申請をした人が、白色申告をするのは自由なんですね」

福島「そうです。つまり、実際は申告する時まで青か白か悩めるんです」

サキ「なるほど!」


その他参考 : 青色申告のメリット

※確定申告入門ブログクラシック 2010年4月23日 初出の記事を加筆修正しています。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kak-shin.jp/mt5/mt-tb.cgi/45

Return to page top