ホーム » 青色申告・白色申告 » 青色申告者が白色申告をしたら、どうなりますか?

青色申告者が白色申告をしたら、どうなりますか?


川´・_・`リ 「あのー、先生」←アシスタントのサキ

税理士の福島「はい、なんでしょう?」

サキ「青色申告の申請を出したら、青色の申告書を提出しますよね」

福島「そうですね」

サキ「じゃあ、青色の申請を出した人が白色の申告書を出したら、どうなるんですか?

福島「それは青色をやめるということですか?」

サキ「そうじゃなくて、青色をやってる人が『今年だけ白色にしたい』というのはできるんですか?

福島「なるほど、そういう質問ですね。では、こちらを見てみましょう。」

所得税法第143条 青色申告

不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき業務を行なう居住者は、納税地の所轄税務署長の承認を受けた場合には、確定申告書及び当該申告書に係る修正申告書を青色の申告書により提出することができる。


川´・_・`リ 「また条文ですか?」

福島「これが立派な証拠物件だからです。この条文の最後を見てください」

サキ「青色の申告書により提出することができる。......そうか!

福島「そうなんです。法律では『青色の申告書を提出していいよ』って言ってるだけなんです

サキ「ということは、白色の申告書を提出するのは自由なんですね

福島「そういうことです。青色申告は、申請できる期間に限りがあるので、とりあえず申請だけしてから、本当に青色申告をするかどうか検討する、というスタンスがオススメです。

サキ「2012年分(2013年3月15日しめきり)を青色申告にする場合は、今年(2012年)の3月15日までに申請しないといけないんですよね

福島「そうです。だから、今年はもう間に合いません。」


※確定申告入門ブログ クラシック 2010.12.28 初出分を、加筆修正しました。




トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kak-shin.jp/mt5/mt-tb.cgi/51

Return to page top