ホーム » 簿記入門 » 勘定科目 » 勘定科目の基本的な考え方 その1

勘定科目の基本的な考え方 その1

科目を決める基準は?


質問:
会計ソフトを導入したのですが、現金出納帳などの科目を決める基準がわかりません。
勘定科目ってどうやって選んだらいいのですか?


回答、解説:
経理、帳簿初心者が悩むことの一つに、科目の決め方があると思います。
今回は、費用の科目について説明します。
減価償却の対象となる資産(10万円以上で1年より長く使えるもの)については、別の記事で紹介します。

確定申告の時に使う青色申告決算書という書類には、あらかじめ印刷されている科目があります。
まずこれらの科目の使い方を考えるのが良いでしょう。


以下に科目名と、使い方の目安を書いておきます。

租税公課 : 税金、収入印紙、収入証紙、役所に払う手数料など
荷造運賃 : 切手、郵送代、宅配便など
水道光熱費 : そのまま水道光熱費
旅費交通費 : 電車などの交通費、出張の宿泊費
通信費 : 電話代、インターネット使用料など
広告宣伝費 : 広告宣伝にかかる費用。ホームページ作成費用もここに入ります。
接待交際費 : お客さんなどを接待したときの飲食代、贈答品代など。
損害保険料 : そのまま損害保険料
修繕費 : なにかを修理したときの費用
消耗品費 : 文房具、その他の品物代
減価償却費 : 別の記事で説明します
福利厚生費 : 従業員のためのお茶代、健康診断費用、歓送迎会・忘年会など
給料賃金 : 従業員、アルバイトなどの給料
外注工賃 : 自分の仕事の一部を外注したときの費用。
利子割引料 : 借入利息を支払った場合につかう
地代家賃 : いわゆる家賃
貸倒金 : 分からなかったら無視して大丈夫です
雑費 : 上記のどれにもあてはまらないもの


おおまかに言えばこんな感じです。


その他の注意事項は次の通りです。

1)上記のリストに載っていないが、多額の費用が発生する科目は、新しく作っておく
例えば私の場合(税理士)、各種情報を仕入れるために本をたくさん買います。また、セミナーにも多数出席しています。
そこで、「書籍費」「研修費」という科目を作っています。

2)金額が少ないものは雑費でよい
例えば、福利厚生費を年間5000円しか使っていない場合(他の費用は5万円以上発生している)、わざわざ福利厚生費という科目を独立させる必要はないでしょう。雑費でOKです。

科目については、
●年によって大きな動きがあるか?
●その業界のおおまかな傾向と大幅にずれていないか?
●その他不自然な傾向がないか?
といったところに注意して下さい。


こちらでは、本やネットでカバーしきれない、素朴な疑問を含めて、体系的にお話しています。


※確定申告入門ブログクラシック 2010年3月6日初出の記事を、加筆修正しました。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kak-shin.jp/mt5/mt-tb.cgi/22

Return to page top