ホーム » 簿記入門 » 帳簿のつけ方 » 仕訳・出納帳の入力で悩んだら... その2

仕訳・出納帳の入力で悩んだら... その2

川´・_・`リ 「あのー、先生」←アシスタントのサキ

税理士の福島「はい、なんでしょう?」

サキ「山吹色の...」

福島「それ、前回やったからもういいです。続きを始めましょう」

川´・_・`リ「......」

福島「前回の質問をもう一度見てみましょう」

1)
通帳から個人的な振込をしたときは、相手科目は事業主貸にしたら良いですか?

2)
奥さんのカードで買った経費になるものの立替金を、カードを使った翌日に、ネットバンクで奥さんの通帳に入れ込みました。

この時の仕訳はどうしたらよいですか?

こんがらがってしまっています。お助けください。


サキ「今回は1番の答えですね」

福島「そうです。サキちゃん、帳簿をつける目的は何でしたっけ?」

サキ「利益を計算するためです」

福島「前回はその話でしたね。今回は、帳簿をつけるもう一つの理由に踏み込みましょう

サキ「もう一つですか??」

福島「1番の質問を見ながら考えてください」

サキ「そうだなー、分からないですラブラブ

福島「ハートでごまかしてもダメです。私には男殺しのテクニックは通じませんよ」

川´・_・`リ「......今日は厳しいですねむっ


福島「2つめの目的は、お金の動きを把握することです

サキ「1番の仕訳は、お金の動きを把握するために必要なんですね」

福島「そうです。お仕事用の通帳残高と預金出納帳は、金額をきっちり合わせないといけませんから」

サキ「だから1番も仕訳が必要なんですね」

福島「そういうことです。では、仕訳は??」

川´・_・`リつ「1万円の振込で、振込手数料210円なら、これでいいですか?」

 事業主貸/預金 10,210

福島「OKです!」

サキ「やったー!」


福島「このように、大元の目的からたどっていくと、仕訳が見えてきます」

サキ「利益の計算、お金の動き、どちらかのために仕訳をつくるのですね?

福島「そういうことです。大体は両方いっぺんに一つの仕訳で表現することが多いですね」

サキ「そうか。通帳から仕入代金を振り込むとか、両方出てきますね」

福島「でしょ?でも個人事業の場合は、片方しか出ないことがあるから、分かりにくいんです

サキ「そういう時に使うのが「事業主貸」「事業主借」なんですね

福島「サキちゃん、バッチリだねー!」

川`・д・リ「ダテに1年、先生のアシスタントしてません!」

※確定申告入門ブログ クラシック 2011.5.3 初出分を、加筆修正しました。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kak-shin.jp/mt5/mt-tb.cgi/77

Return to page top